顔グラ総覧(三国志)

2013年07月10日01:03三国志の顔グラシリーズについて
このブログはかなり自分の好きなことに使っています
自己満足的な持論を書いたり、日々の日記を書いたり、アニメについて記事を投稿したり……

でも驚くことにこのブログには三国志の顔グラを求めてやってくる人の割合が最も多いのです
googleで「劉備 顔グラ」や「諸葛亮 顔グラ」などで検索すると
このサイトが上から3番目に出てきます(この記事を投稿時)

そろそろこれ専用の個人ページを作るのもありかもしれませんね

2011年06月07日18:21顔グラ総覧(三國志)-第4回 諸葛亮
諸葛亮   孔明 (181~234)



san2_syokaturyou
san3_syokaturyou
san4_syokaturyou
san5_syokaturyou
san6_syokaturyou
san7_syokaturyou
三國志Ⅱ三國志Ⅲ三國志Ⅳ三國志Ⅴ三國志Ⅵ三國志Ⅶ
★★★★
★★
★★
★★★★
san8_syokaturyou

san9_syokaturyou

san10_syokaturyou

san11_syokaturyou1san11_syokaturyou2


諸葛亮

三國志Ⅷ
三國志Ⅸ
三國志Ⅹ
三國志11
三国鼎立
★★★★★★★★★★★★★



三国志の序盤から中盤までの主役を劉備とするなら、中盤以降の主役は諸葛亮と言える。
諸葛亮は陸中で晴耕雨読の生活を送り、司馬微の門下生となり「伏龍」と呼ばれた。
その噂を聞きつけた劉備に「三顧の礼」をもって軍師に誘われ、その際劉備に「天下三分の計」を示した。
諸葛亮は仕官早々卓越した戦術と戦略眼を魅せてその能力に懐疑的的だった劉備の義兄弟である関羽、張飛を心服させる。
劉備が曹操に新野を追われて以降は柴桑に向かい並み居る論客を論破して孫権と周瑜に開戦を決意させる。
諸葛亮ら劉備軍は孫権、周瑜らと結託して戦い、曹操らを赤壁で火計を持って破った。
その際演義だと諸葛亮は十万本以上の矢を集めたり、祈願で東南の風を起こしたりして勝利に貢献してる。

赤壁後は「鳳雛」と呼ばれた龐統を軍師に推薦。その龐統が蜀攻略の途上で戦死すると軍を率いて救援に向かい攻略に大いに貢献する。蜀建国後は丞相として国政を担った。
劉備の死の際はその子・劉禅の後見を託され場合によっては劉禅に代わって後継者になることを劉備に懇願される。
その後も諸葛亮は精力的に活動し、南蛮で孟獲らが反乱を起こすと演義ではこれを七度捕らえて感服させた。
後顧の憂いを絶つと劉禅に「出師の表」を上奏して魏へ北伐を始める。
しかし寵愛してた馬謖が軍律違反を犯して街亭で大敗すると泣いて馬謖を斬った。
その後も精力的に北伐を敢行するがいずれも魏の司馬懿により妨げられた。

五丈原で死期を悟ると姜維に後を託して没する。死してもなお自らも木像で司馬懿を翻弄し、「死せる孔明、生ける仲達を走らす」の故事を残した。
今でもなお大陸史上最高の軍師として崇められている人物である。



さて今回は諸葛亮である。


諸葛亮といえば孔明の字(あざな)でも知られており、
一般的には劉備や曹操よりもよく知られている人物かもしれない。
その諸葛亮であるが、正史では優れた政治家であり軍略家として描かれているが、
三国志演義の方ではむしろ神算鬼謀の軍師として描かれている。
その活躍ぶりは人の心を読んだり、人の裏をかいて智謀を発揮したり、そして天候を操り
挙句の果てには寿命まで伸ばそうと画策するなど人知を超えた存在となっている。
これはもはや人間というより仙人の域である。
さて顔グラの方であるが諸葛亮のイメージは軍師帽に羽扇と固定化されてるので全体を通して変化には乏しい。
しかしそんな中で一際目を引くのはⅣの顔グラであり、なにやら意味不明なかぼちゃ帽子を被っている。
大陸の神算鬼謀の軍師というよりはモンゴルあたりかの遊牧民みたいな格好だったが、
さすがにこのファッションは周囲からも評判が悪かったのか、すぐに元に戻っている。
その前のⅢでは一際強い眼光を放っているが、この顔グラは諸葛亮というよりは荀彧の方がイメージに近い。
またⅧではイメージチェンジをしてさっぱりひげを剃っている。おそらく若返りを図ったのだろうが
利き手にちゃっかり指輪なんかはめ込んで、これでは軍師というよりロン毛にちゃらいちょっと大人ぶった若者だ。
これもまたやっぱり長い軍師帽に長い髭という軍師のイメージに沿わなかったのか、次作からはまた髭を伸ばし始めている。
こうして諸葛亮は幾度かのマイナーチェンジをしながらも結局また元に戻って原点に落ち着いてる感じだ。
11では壮年の姿の諸葛亮が見れる。死期を悟り、愚考が目立つ主君の劉禅を前に蜀の行き先が不安なのか、いささか目から必死さが伝わってくる。
三国鼎立2の諸葛亮は目が異常にキラキラしててなんだか少女漫画みたいだ。腐女子には受けが良さそうだがこんなキラキラな孔明なんてイヤだ。


「げぇ! 孔明!!」の後にアーッ!な展開が聞こえてきそうだ。



2011年05月17日06:07顔グラ総覧(三國志)-第3回 孫権
孫権    仲謀 (182~252)




san2_sonken_musuko
san3_sonken_musuko
san4_sonken_musuko
san5_sonken_musuko
san6_sonken_musuko
san7_sonken_musuko
三國志Ⅱ三國志Ⅲ三國志Ⅳ三國志Ⅴ三國志Ⅵ三國志Ⅶ
★★★★★★★★★
★★★
★★★
★★★
san8_sonken_musuko
san9_sonken_musuko
san10_sonken_musuko
san11_sonken_musuko1san11_sonken_musuko2
孫権
三國志Ⅷ三國志Ⅸ三國志Ⅹ三國志11三国鼎立2
★★★★★★★
★★★
★★★★
★★★★



孫権は江州一体を制覇した兄の孫策が急死するとわずか19歳の年齢で後を継いだ。
その際兄の孫策は孫権に「天下の覇権を他の群雄と争う点ではお前は俺には到底及ばないが、
賢者を用い人材を活用する点においてはお前は俺よりも優れてる」と言い残したという。
孫権は孫策亡き後の家臣団を周瑜と共に纏め上げ、曹操が南下し江州を襲う気配を見せると、講和を主張する文臣たちの意見を避けて周瑜と魯粛らの主張を取り入れ
剣で机の角を切り落とし開戦の決意を示した。
劉備や諸葛亮らと結託した孫権は赤壁において曹操軍を苦肉の策をまじえた火計で破り大勝する。
しかし劉備が戦後に荊州を奪うと、その所有を巡って対立。盟約を裏切って曹操の子・
曹丕に通じて呉王に任じられ、荊州を守る関羽を攻めて、これを殺す。
憤った劉備が攻めてくると
陸遜を用いて夷陵で火計をもってこれを破った。
229年には呉帝を称し、これによって大陸には3つもの皇帝が生まれることになった。
しかし若いときは名君として称えられた孫権であるが、老いを過ぎるとかつての鋭才を欠き、佞臣を重んじ
孫和と孫覇の後継者争いを勃発した挙句両者とも粛清し、顧雍や陸遜を始めとする多くの家臣を粛清した。
これによって呉は内分裂化して急速に衰退し、衰えていく呉を見ながら252年に没した。



孫権の顔グラのイメージはほぼ固定化しており被り物に長い
と劉備、曹操らと比べてもその変化は乏しい。
碧い眼に赤髯の容貌であったと言い、顔グラを見るとなんとなくそんな感じか……?といったところだ。
そんな中目立っているのがⅣの孫権で口元に笑みを浮かべて遠くを見つめている。なにかやましいことを考えている悪人の面だ。こんな人間が呉の皇帝をやっていたら諫言する張昭も相当苦労したに違いない。
その後また穏やかな表情の皇帝に戻ったが、Ⅶの孫権は何処か物寂しげな表情だ。
歳をとり、白髪も増えて目にもはっきりと生気が無くなっている。きっと晩年の錯乱した孫権はこんな表情だったのだろう。
11年では若年期の顔グラが登場して新鮮だ。三国鼎立2ではそれよりもまだまだ若いいかにもひよっこって感じの顔をしている。
キリっとした眉からは意志の強さが感じられるが、剛直な性格で張
昭と言い争った挙句、家にも放火してしまうほどだ。
これくらいの横柄さを醸し出していたのかもしれない。





2011年05月15日16:36顔グラ総覧(三國志)-第2回 曹操
曹操    孟徳 (155~220)




san2_sousou
san3_sousou
san4_sousousan5_sousou
san6_sousou
san7_sousou
三國志Ⅱ三國志Ⅲ三國志Ⅳ三國志Ⅴ 三國志Ⅵ 三國志Ⅶ
★★★★★★★★★
★★

★★★★★
san8_sousou
san9_sousou
san10_sousou
san11_sousou1san11_sousou2
曹操
三國志Ⅷ三國志Ⅸ三國志Ⅹ三國志11 三国鼎立2
★★★★

★★★★
★★★★★
★★★★★



曹操といえば劉備と共に物語序盤から中盤までの主役の一人と言っても過言ではない。
許劭に「治世の能臣、乱世の奸雄」と評された彼は、乱世において持ち前の天賦の才覇道を突き進んでいくことになる。
黄巾討伐の軍に参加した曹操は董卓の専横が始まると
袁紹を盟主に反董卓連合を結成させ、これに対抗する。
大陸が群雄割拠に陥ると呂布、
李傕、袁術、劉備らを破り献帝を擁して中原を平定。一大勢力を築き上げる。
更に対立した河北の雄・
袁紹を官渡の戦いで破ると大陸の北半分を領し大陸の統一に近づく。
しかし孫権・劉備連合軍に赤壁の戦いで敗れると大陸の統一を目前にして頓挫。
その後は
魏王の位に即き、名実ともに位人臣をきわめ、魏建国の基盤を作った。後に武帝と追尊された。


曹操では三国志演義では劉備と相反する負の方向の人物として描かれ、専横、暗殺、略奪と暴虐の限りを尽くし、そのため大陸では今もなお悪人の代名詞として認知されている。
しかし実際は
建安の三曹七子に数えられるほど文人で、教養高い人物であった。
また大陸を統一の一歩手前まで漕ぎ着けたあたりからして、並大抵の人物ではないのは間違いないだろう。

顔グラの方であるが、演義の悪人のイメージがやはり先行しているのだろうかⅡからⅥまで、まるで映画の悪役に出てきそうなほどムスっとした顔立ちで悪人相である。一応Ⅴまでは
位人臣を極めたらしい身なりをしていたがⅥまでは一転して盗賊の身なりのようである。これでは大帝国・魏建国の足がかりを作った面影はどこにもない。
ⅦとⅧでは立派な軍装に身を包んでいる。まだ大陸で戦場を駆け巡り領土の拡張に躍起になっていた頃であろうか。
Ⅷではまた軍装をはずし平伏姿に戻っている。この頃になると大陸の領土をほぼ手中にし、自ら戦場に打って出る機会もなくなったのだろう。
だがⅨの曹操は頂けない。ドヤ顔に長いラーメンマンみたいなひげ面をしてまるで拳法の達人とでも言った方が良さそうだ。




2011年05月14日16:16顔グラ総覧(三國志)-第1回 劉備
劉備    玄徳 (161~223)



san2_ryuubi
san3_ryuubi
san4_ryuubi
san5_ryuubi
san6_ryuubi
san7_ryuubi
三國志Ⅱ三國志Ⅲ國志Ⅳ三國志Ⅴ三國志Ⅵ三國志Ⅶ
★★★★★★★★★
★★★★★
★★
★★
san8_ryuubi
san9_ryuubi
san10_ryuubi
san11_ryuubi1san11_ryuubi2
劉備
三國志Ⅷ三國志Ⅸ三國志10三國志11三国鼎立2

★★
★★★
★★★
★★


劉備といえば三国志の主役の一人である。一介の筵(むしろ)売りであった彼は関羽、張飛と共に黄巾討伐の軍に挙兵。
その後曹操の専横が激しくなるとこれに反発するも敗れ、劉表の所に逃れ諸葛亮を軍師に向かい入れ曹操と戦う。しかし劉備を慕う10万もの民衆を匿ったため曹操に敗北。その後呉の孫権・周瑜と結託し赤壁で曹操を撃破。益州の劉璋を破りここに本拠地を置き、曹操の魏、孫権の呉、そして劉備の蜀と見事天下三分の計を実現させる。
しかし盟約を裏切って義弟・関羽を殺した孫権に憤った劉備は周囲の制止を振り切り大軍を持って夷陵にて呉の陸遜と対峙。しかし火計をもってこれを壊滅させられ、更に義弟の張飛にも先立たれ、子・劉禅を諸葛亮に託して失意のうちに病死した。蜀の昭列帝。




三国志演義では劉備は荒廃した国を憂え、民衆を想い、義理に厚く、またかえって優柔不断な一面を見せる物語の主人公として描かれている。しかし正史ではうってかわって劉備は乱世を生き残るため幾度かの裏切りを繰り返し(曹操から離反、劉璋を併合)大陸に領土を手に入れた、むしろ野心家として描かれている。

顔グラの方だが、三國志Ⅱの山賊っぽい身なりはさておき、それ以降は蜀の皇帝らしく堂々たる風格を持った人物として描かれている。やはり群雄割拠の大陸を生き残るためにはこれくらいの風格を有していたのだろう。
しかしⅦとⅧではイメチェンをして、かつての威厳はどこへやら。へなへなと含み笑いを浮かべた三枚目へと成り下がってしまった。まるでこれでは大陸の群雄というよりは一介の商人である。
まあ何も起こらなければ寂しい筵(むしろ)売りとして一生を過ごしたはずであるからこれもある意味間違いではないのだが……、「オニーサン、ムシロヤスイヨー、ヒトツカッテヨー」なんて台詞が似合いそうだ。
蒼天航路の影響なんだろうか。
10からはまた逞しさが戻り血の気も良くなった。しかし11の晩年ではどこか遠くを見つめて寂しそうだ。
長い間苦楽を共にした義兄弟の関羽、張飛に先立たれ、自分も死期を悟っているのだろうか。白髪もめっきり増えてしまった。
フリーゲームの三国鼎立2では演義の善人のイメージからかけ離れた、ゴツい劉備の顔グラが描かれている。
どちらかというとアラブの富豪とでも言うくらい濃い顔立ちだが、これは正史ベースなのだろうか。
ひげ面にはにかんだ笑みからは今にも含んだ野心が見え隠れしそうだ。まあ実際このゲームの劉備は信義が0なのんで配下としては信用ならないのだが。

呂布に「この大耳野郎!」と罵られた所以だろうか。全体として劉備は福耳が非常に発達している。